(NW)Linux <--> SwitchのIOSリカバリー

投稿者: | 2020年7月16日
皆さんこんにちは。
今回はCisco Switch(Catalyst 3560)のIOSファイルをリカバリー手順をメモしておきます。色々いじってやらかしてしまったときの自分用メモです。 とりあえず以下のサイトを見ておけば大丈夫だとおもいます。
Catalyst – xmodem
Send file by xmodem or kermit protocol with GNU screen

MODEボタンを長押しして起動させる

これすることでxmodemでファイルを送信できるようになるっぽい。

IOSファイルをスイッチに転送する

接続環境はこんな感じです、
Gentoo Linux(screenコマンド) <—-> Switch

手元のLinuxにバックアップしておいたIOSファイルをスイッチに転送します。そのためにLinux側に「sxコマンド」が必要になるのでインストールしておきます。 次にIOSファイルをスイッチに転送します。
「screenコマンド」でスイッチに接続してるターミナル上で以下を入力します。 無事起動できました。。よかった。。 それではまた。