(CCNA)ICND1受験感想

投稿者: | 2017年5月7日

みなさんこんにちは。ヒロウミです。

ネットワークの知識を身につけようという現在の勉強方針から、先日初めてCISCOの資格であるICND1を受験し合格しました。勉強期間は1ヶ月で結果871点でした。これでCCENT取得という位置付けになったのかな?合格ラインが830点前後ぽいので結構ギリギリですかね。

にしても合格ラインが厳しいですね。他のベンダーだと8割以上を求めるものを受けたことがなかったので、ビビって受験していました。

受験して感じたことは、噂に聞いていたシュミレーション問題?シナリオ問題?に少しやりにくさを感じたぐらいでしょうか。その他の問題は、一般的な選択問題だったので特に苦戦はしませんでした。あと注意しないといけないのは、回答したら前の問題にもどれないということ。これも他のベンダー試験とは違うところでしょうか。「次に進む」をポチった瞬間回答の誤りに気付いても遅かった。。。。というのが2、3問ありました。

みなさん受験される際はちゃんと確認しましょうね。

さて、今回の資格勉強を通してTCP/IPに関する知識が広く浅くですが身についたのではないかと思います。本試験を受験した理由がこれだったので大方満足しています。あと、実際にNW機器に触れることができたのもよかったと思います。普段扱っているLinuxサーバやWindowsとはまた違う操作方法で新鮮でした。(show runコマンドでページャがもっと高機能ものが使いたかった。。。あるのかな?)

次はICND2を受けてCCNAとして認定されるように頑張りたいと思います。まだまだネットワークに関する知識・技術は勉強することがありますが、コツコツ頑張っていきたいと思います。当面の目標はCCNA取得。その次はCCNP取得・ネットワークスペシャリスト取得といったところでしょうか。まぁ、これらの勉強はあくまでインフラエンジニアとしてのベースを作ることが目的です。

普段の業務をする上で知識を生かして的確・合理的な設計と実装を行えるエンジニアになれたらなぁ。と思っています。ていうかそういったエンジニアには憧れがありますね。自分もそうなれるようにコツコツ基礎を積み重ねて学習の素地を作って移り変わりの激しいIT業界に対応できるようにやっていければと思います。