利用技術リスト

私が利用している技術リストです。習熟度を主観で1〜10で付けてみます。

エディタ


■Vim(習熟度:3)

・Linuxサーバの設定ファイル編集の際にメインで使っています。画面分割やビジュアル矩形なんかを最近は覚え、ある程度の編集には困らない感じです。diffsplitがなんか好きで差分を見るときはよく使っています。

■Visual Studio Code(習熟度:2)

・クライアントPCでファイルを編集したり、スクリプトを書いたりするときに最近使い始めました。こないだTerminalが利用できることを知り小さな感動を覚えました。多くのプラグインがあるのでVimなんかを入れて使っています。

サーバソフト


■Nginx(習熟度:3)

・HTTPの負荷分散目的で利用しています。SSLオフロードなんかの設定をちょこちょこやってるぐらいです。

■Squid(習熟度:3)

・HTTPプロキシ目的で利用しています。LANないのサーバからHTTPリクエストを行いたい時の設定なんかをちょこちょこやってるぐらいです。

■DRBD(習熟度:4)

・データベース領域やNFSサーバ領域など、データの冗長化が必要な部分で利用しています。基本的にPacemaker + Corosyncと組み合わせて利用しています。

■Pacemaker + Corosync(習熟度:3)

・AWSやCloudStack上で冗長化を行う際に利用しています。Nginx,Squidの冗長化やPostgresの冗長化などの設定を行なっています。最近はAWS上での冗長化にも利用していますがオンプレとの違いに戸惑いながやっている感じです。

■MQTT(Mosquitto)(習熟度:2)

・暗号化した通信の設定などをしています。

■RabbitMQ(習熟度:2)

・基本構成は理解しなんとか構築することができます。

■Hadoop(習熟度:2)

・基本構成は理解しなんとか構築することができます。

■Storm(習熟度:2)

・基本構成は理解しなんとか構築することができます。

ツール


■tmux(習熟度:2)

・サーバ上で本番作業を実施するときなどに利用しています。ターミナルソフトに依存しない操作感が気に入ってクライアントPCでも利用しています。

■Git(習熟度:2)

・基本的な操作は行えますが、細かい操作は行えません。

■Ansible(習熟度:3)

・構築メインで利用するというよりは、運用の際のログ収集やオペレーションに利用している感じです。一気に多数のサーバの操作を行えるのが好きで利用しています。

■Vagrant(習熟度:3)

・ローカルでの検証用に利用しています。

■Docker(習熟度:3)

・docker-composeを利用してこれまで手作業でセットアップを行なっていたwebアプリケーション環境をコンテナ化したりして利用しています。まだ開発環境のみの利用となっていますが、今後はKubernetesなどのマルチホスト環境でのコンテナ技術を習得して本番環境への適用を行なって行きたいと思っています。

■Serf(習熟度:3)

・AWS環境で各ホストの管理に利用しています。/etc/hostsを同期させたりとか試行錯誤しながら使っています。

プラットフォーム


■AWS(習熟度:2)

・AWSのネットワークの理解や運用方法が甘々でベストプラクティスを探しています。また、コンソールでのぽちぽちレベルの操作感です。AWS CLIや構成管理ツールを利用して管理を楽にしたいとも思っています

■Azure(習熟度:1)

・オンプレのKVMイメージをアップロードする作業を少しした程度です。

■KVM(習熟度:3)

・オンプレで少し触った程度です。

言語


■Java(習熟度:2)

・学生の時にちょっとやっていました。Javaで使われる用語はなんとなく理解しているつもりです。が、まともに書くのはちょっとといった感じで、業務での開発経験も特にないため残念な感じです。

■node.js(習熟度:3)

・社会人になり初めてのプロジェクトで使用した言語です。コールバックに最初は戸惑いましたが現在は理解してコーディングできています。こちらの言語も使用期間も浅くちゃんと学習できていないので、まぁ残念な感じです。

■英語(習熟度:2)

・中学レベルあればいい方。英語記事や文献が読めるようになるよう現在勉強中。

 

今後習得したい技術

・awk

・HashiCorpツール群

・Jenkins

・Python